思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋


思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
一つのエリアの物件を主に紹介している地域密着型の不動産屋は賃貸よりも売買の物件に力を入れています。
また、大手と異なっており大家さん寄りな営業をしてきますので、家賃交渉等をすることはあまり期待出来ません。

もしも掘り出し物と言われる賃貸物件と出会いたいのでしたら、地域密着型の不動産屋がオススメです。
まさにこれが地域密着型の不動産屋の最大のメリットと言えるでしょう。
少人数で経営をしている地域密着型の不動産屋は、一人で経営していることもあり苗字を店名にしているケースが多くなっています。
このタイプは直接大家さんとやり取りしている物件と、別の会社とやり取りしているものと両方取り扱っていますが、数があまり多くありません。 不動産屋に行くと、条件に合う数多くの賃貸物件情報資料を見せてくれることでしょう。
この紙面に書かれている設備等は100%本当のこととは限りませんので、現地調査でしっかりと調べておきましょう。




思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋ブログ:190513

「今日はお客様がみえるからお茶出ししてね。できる?」
お母さんから突然言われたのは、小学三年の秋。

お客様とは、お母さんの兄の嫁。
わたくしとは血のつながりはないが、
もの静かで上品な伯母が、わたくしは大好きだった。
はりきって、お茶の入れ方出し方を教わった。

伯母が到着して座敷でごあいさつをすると、
おもむろにお母さんが目くばせをした。

よし!と台所で、わたくしは教わった通りに急須にお湯を入れ、
茶葉を蒸らしている間に、お盆に木の茶托をのせ、
あたためた湯のみをのせて、お茶を注いだ。

湯のみに八分目。
濃すぎず薄すぎず…自分としては完壁だった。

得意気にそっと、伯母の前に差し出したが
わたくしは緊張して、茶托の上で少し湯のみがカタカタ鳴った。

「まあ、嬉しいわ!ありがとう、いただくわね」

にっこりして伯母が湯のみを手にした瞬間、
あ!と自分の顔がサーッと冷たくなるのを感じた。

注意して入れたつもりだったのに、
茶托にお茶がこぼれてしまっていたのだ。

あろうことか、
湯のみといっしょに茶托が持ち上がるのを見た瞬間、
思わず目をつむったわたくしの頭の中に…

次にくるであろう光景がパパーッと、
早送りの走馬灯のように浮かび上がった。

…湯のみにくっついて持ち上った茶托は、
カチャーンと音をたてて落ちる。
困ったような伯母の顔。あわてるお母さん。
ふきんを手にするお母さんの姿まで思い浮かび、
わたくしはさらに強く目をつむった。
しかし…あれ?

わたくしが恐る恐る目をあけてみると、
なんと茶托は、伯母の左手の上にあった。

落ちる寸前、伯母はすばやく茶托を受けとめていたのだ。

そして、普通に静かに、お茶を一口飲み、
「まあ、おいしい」
と、言ったのだった。

わたくしは嬉しさと安堵と、
気はずかしさで何ともいえない心持ちだった。

今日はおしまい!!!
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋

思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう