賃貸では敷金について理解しておく必要がある


賃貸では敷金について理解しておく必要がある
日本が定める敷金というのは、賃貸の借り手の債務を担保とするものであり、物件の貸し手に一時的に渡しておくものとされています。
賃貸契約終了時に借り手が債務不履行が無ければ返金されるものであり、債務不履行があればその金額を頂戴することと決められています。

もしかして勘違いしている人もいるかもしれませんが、契約時の敷金というのは不動産屋へ支払うものでは無いのです。
敷金は契約時に不動産屋からしっかりと、大家さんに渡されているのです。
賃貸物件のオーナーや、また管理をしている管理会社へ一時的に預けておくこととなるのが、敷金と呼ばれているものです。
これは家賃の未払いや退去時の修繕や清掃費が発生した時に、その額を差し引かれて残りは契約満了時に返金されます。 大変便利な世の中になり、インターネットで調べることで、数多くの賃貸物件の口コミ情報を知ることができます。
中には実際に住んでいた人が書き込みをしている口コミもありますので大変参考になります。




賃貸では敷金について理解しておく必要があるブログ:181215

子供が6ヶ月になりました。

離乳食が始まり、
フンガフンガ言いながらスプーンに食いつく子供を見て、
「大きくなったんだなぁ」と、
しみじみと喜びをかみしめています。

そのうち自分で食べるようになったり、
歩き出したり、話し出したりしたら、
どんなにかわいいだろう…と、
想像するだけでも、俺の顔はほころびます。

しかし…
実際には自分で食べ出すとなかなか大変らしいですし、
話し出すと何でも「いや!」しか言わなかったり
「なんで?」「どうして?」と質問攻めにあったりと、
大変なことも少なくないと聞いています。

まだまだ先の話かもしれませんが、
聞かれた時に答えられない質問というのは
いっぱいあるんでしょうね。

例えば…
子供が遊ぶのに夢中で
寝ようとしない状況があったとします。

その時、俺はこう言うでしょう。
「もう19時遅いから早く寝なさい」

すると、子供に聞かれるわけです。
「どうして19時遅いと寝なきゃいけないの?」

子供は答えます。
「寝るのが遅くなると、次の日の8時起きれなくなるからだよ」

その答えを聞いて、こんなふうに聞かれるかもしれません。
「何で8時起きなきゃいけないの?」

ここらあたりから怪しくなってくるのです。

8時起きなきゃいけない理由…
仕事や学校に行くわけでもなく、
やらなきゃいけないことがあるわけでもない子供にとって、
8時起きなければいけない理由とは?

休みの日は昼までゴロゴロ寝ている自分を省みると、
ますますわからなくなるし、
答えられなくなってしまうでしょう…

もっとも、
全ての質問に明確に答えないといけないわけではないですし、

子供と一緒に
「なんでだろうね?」「なんでだと思う?」と
その答えを探してみれば良いと思うんですけどね…

賃貸では敷金について理解しておく必要がある

賃貸では敷金について理解しておく必要がある

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう