家賃の一ヶ月分が相場の礼金


家賃の一ヶ月分が相場の礼金
一般的に礼金は家賃の二ヶ月分程度となっていますが、その場合には半分の一ヶ月分を大家さんは不動産屋に支払います。
名前を変えてはいますが、大家さんが支払う紹介料を入居者である貴方が代わりに支払っているのです。

オーナーは不動産屋に対して礼金の一部を紹介料として契約終了後に支払っていることもあります。
昔から慣習として定着していることから、自腹を切って不動産屋に紹介料を払うという習慣が実は無いのです。
礼金に対して「どうして謝礼を支払う必要があるの?」と想われる人がいるかもしれませんが、これは戦後から始まった日本の習慣なのです。
東京を中心として広まってきましたが、今ではただの慣習に過ぎませんがまだ残っています。 今現在考えている理想の賃貸物件があるのでしたら、まず最初に必ず払える賃料の上限を決めておいてください。
賃貸探しで最も大切なことは賃料であり、これを妥協するのは最終手段として考えるようにしてください。




家賃の一ヶ月分が相場の礼金ブログ:190220

頭がい内出血…
突然襲いかかってきた病いは
わたくし達夫婦に絶望をもたらしました。

男の子がまだ生後10ヶ月の時でした。
奇跡的に一命はとりとめたものの、
病気が残していったものは大きいものでした。

「この子にはもう右の世界はありません」
「この子はもう障害児だから」
その言葉にわたくしは心まで凍りついた事を思い出します。

右半身マヒ、言語障害、けいれん発作…
将来歩く事も無理と言われ、
リハビリの連日、度重なる入院そして手術。

男の子の心にどんな影を落とすのか、
ただただ不安で笑顔を失くしたわたくしがいました。

だけど男の子は泣かなかった。
むしろ笑っているんです。
いつもニコニコして幸せそうに笑うんです。
まるでわたくしの心が見えているかのように…

入院しても手術しても笑顔だけは失くさず、
「僕は病気したけど心は病んでないよ」
男の子を見ているとそんな風に感じます。

喋べる事も歩く事も無理だと言われていた男の子が
会話が出来るようになったのも、歩く事が出来るようになったのも、
医学の力だけではない、
男の子の心の強さのようなものを感じます。

きのう、いつものように病院へ行っていました。
その日のわたくしは体調が悪く、足取りも少し重かったと思います。

すると
「ママ、いつもゴメンネ。体質悪くて本当にゴメンネ」と言って
涙を流す姿がそこにありました。

ショックでした。
男の子に「体質が悪くてゴメンネ」と言わせてしまった事が
すごくショックでした。

それと同時に
「なんて優しく心がキレイなんだ」
と感じました。

わたくしは
こんなキレイな涙を流す息子を
育てさせてもらっているんだ…と
思い知らされました。

そして、
自分の息子ではあるけれど、
わたくしもこの息子に育ててもらっている…と
実感しました。
家賃の一ヶ月分が相場の礼金

家賃の一ヶ月分が相場の礼金

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう