安心感の強い大手不動産


安心感の強い大手不動産
確かに大手不動産屋は安心感があるのですが、一度入店をすることでなかなか帰り辛い雰囲気があります。
さらに取り扱っている数が多過ぎることから、全ての情報を把握出来ていなく物件の詳細を知ることが出来ません。

店内の雰囲気が非常に明るく、またスタッフ対応の安心感があるのが大手の不動産屋であり、多くの利用者がいらっしゃいます。
直接大家さんとやり取りしているものと、別の不動産屋とやり取りしているものと両方取り扱っています。
とっても多くの賃貸物件を抱えており、またテレビなどのメディアで露出があるのが大手の不動産屋となります。
しかし会社が大きいので契約に厳しく、少々強引な営業スタイルとなっていることがあります。 最近では少なくなってきましたが、不動産屋の中には悪質な行為をしている業者も実際にあります。
相談に来ているお客さんの立場になって真剣に考えてくれない不動産屋には注意が必要です。




安心感の強い大手不動産ブログ:190617

昨日、自宅に小包が届きました。

それは友人からの物で、
中身は5枚組みのCDでした。

自分でテーマ毎に編集したその音楽CDには、
学生当時一緒に時を過ごしていた
友人たちへのメッセージがつけられていて、
もらったわしには心底懐かしく、少し体が震えるくらいの感動でした…

「バブルの絶頂前」という、
時代の華やかさの一歩手前で
学生時代・社会人1~2年生時代を過ごしていたわしたちは、
日々変わっていく街の中でも
常に「深く楽しむ事」に没頭していたように思います。

そんな中、
わしや友人が特に音楽に対するこだわりは深く、
聞く・演奏するを初めとした楽しみの他に
「踊る」という大きな楽しみを見つけてしまったのです。

その躍る場所は、「Disco」!
バブル期では、男性を意識しまくり半裸状態で躍ったりしていたようですが、
わしたちは純粋に「音のシャワーを全身で浴びる」快感に身を委ねていました。

特にSoul Musicを愛しているわしと友人は、
その好きな曲に身を委ねるのがこんなに楽しいのか!と見事にハマり、
日々Discoの事ばかり考えていたような気がします。

その内、少しずつかかる音楽の内容も変わっていき、
時代に合わせるようにテンポが速くなり、女性たちも少しずつ派手になり…

それでも、心が鷲づかみになる曲は必ず表れ、
かなり楽しい数年間を過ごしたのです。

ともすれば、
保身に回ったり、将来をばっちり考える時期にきているわしたちですが、
たまには、漠然とした将来に不安を感じながらも、
強気で前向きに生きていたあの頃を思い出しながら、
身を委ねる快感に酔いしれるひと時を少しだけ与えてくださいね…と、
主人にお願いしました。

――――――以上で今日の報告を終わります。
安心感の強い大手不動産

安心感の強い大手不動産

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう