賃貸契約は一般的に二年間で更新


賃貸契約は一般的に二年間で更新
不動産屋に更新料の手続きをしてもらいますと、家賃の半分を大家さんは代行料として支払っています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

日本の法律によって二年毎の契約料の支払いが決められていると勘違いしている人がいますが、決して法で決まっているものではありません。
更新料は不動産屋に支払うというものではなく、大家さんに全額支払われるものとなります。
多くの場合、賃貸契約をする時には、最低二年間の契約期間で更新をしていくこととなります。
2年後に継続して住む場合には、家賃の1ヶ月分程度の更新料を払う必要があります。 まず最初に不動産屋に行ったら、自分の妥協することは出来ない最低限の条件を伝えましょう。
その後、ある程度の条件を元にして不動産屋の担当者と一緒にじっくりと探していくようにしてください。




賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:181105

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

お子様の頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ご飯よりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
1日三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、1日一食だけ、
ご飯や食パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

毎日一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
お菓子の代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

お菓子やショートケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でも腹が満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!

賃貸契約は一般的に二年間で更新

賃貸契約は一般的に二年間で更新

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう