賃貸契約は一般的に二年間で更新


賃貸契約は一般的に二年間で更新
不動産屋に更新料の手続きをしてもらいますと、家賃の半分を大家さんは代行料として支払っています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

日本の法律によって二年毎の契約料の支払いが決められていると勘違いしている人がいますが、決して法で決まっているものではありません。
更新料は不動産屋に支払うというものではなく、大家さんに全額支払われるものとなります。
多くの場合、賃貸契約をする時には、最低二年間の契約期間で更新をしていくこととなります。
2年後に継続して住む場合には、家賃の1ヶ月分程度の更新料を払う必要があります。 まず最初に不動産屋に行ったら、自分の妥協することは出来ない最低限の条件を伝えましょう。
その後、ある程度の条件を元にして不動産屋の担当者と一緒にじっくりと探していくようにしてください。




賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:190413

シェイプアップって、
成果が出てくれば、俄然やる気を増すものですよね。

「今まで入らなかったジーンズがはけるようになった」
とか
「ちょっと体のラインがすっきりとしてきた」
などという成果が出てくれば、もっと頑張ってみようと思うもんです。

ところがなかなかうまくいかないのがシェイプアップのつらいところ…
特にシェイプアップの成果がいつ出るかという決まりなどありません。

まさに「ゴールのないマラソン」のようなシェイプアップ。
だから、しびれを切らしてやめてしまったという経験を
読者様も持っているかもしれませんね?

シェイプアップについての情報が掲載されているサイトがあります。
また、シェイプアップの体験記を記しているサイトもあります。

そんなサイトを見ていると…
シェイプアップにチャレンジしてみて、
実際にシェイプアップが成功した人の話には共通している、
一つの法則があるみたいなんです。

それは、
短くて2週間、長くても三週間、
シェイプアップを続けていると、何らかの成果を実感することができる!
ということです。

具体的には、
体のラインが細くなったとか、体重が減ったとか…
という効果です。

ですから、
シェイプアップに挑戦してみたい、
でもやり続けられるか自信がないという人は
2週間だけ頑張ってみてはいかがでしょうか?

「2週間」という風に区切ってしまえば、
何とかつらくてもやり続けられるのでは?

そこで、もしシェイプアップの成果が出てくれば勇気百倍!!
きっとその後も
シェイプアップを継続して続けることができるはずです。


賃貸契約は一般的に二年間で更新

賃貸契約は一般的に二年間で更新

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう