実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


実際に住んだら携帯電話圏外という事例も
現在のマンションは防音設備が整っていますが、その影響によって携帯電話の電波が届きにくかったり、全く圏外となってしまうことがあります。
アパートでも立地条件によっては、届きにくい部屋があるのでしっかりと現地調査をするようにしてください。

もしも連絡をする手段が携帯電話だけの場合、その電波が届かない部屋では余技なく引越しをしなければいけない状況となってしまいます。
なので部屋探しをする際は、携帯電話の電波が入るかどうか必ずチェックすることが大切なのです。
全国的に携帯電話が普及し、現在では無くてはならない存在ですが、最近では電話回線を引かずに携帯電話のみの人が多くいます。
部屋の状況によっては電波が届きにくいということもあるので注意が必要です。 貴方がもし不動産屋へ足を運ぼうと考えているのでしたら、まず最初に不動産屋の情報収集をしましょう。
どんなに良い物件を抱えている不動産屋でも、対応が悪い不動産屋は避けるべきなのです。




実際に住んだら携帯電話圏外という事例もブログ:181208

結婚して落ち着いた頃、
珍しく親父から電話があった。

「そこの住所を言ってみて」
知らないはずは無いのに唐突に親父が言った。

「うん、確かに間違いない」と
電話の向こうで母との話し声が聞こえる。
「手紙を書いて送ったのに戻ってくるんだよ。
住所も間違いないし、どうしてなのか分からないから、もう一度投函してみる」
と言って電話が切れた。

数日後、新居のアパートの小さなポストに、
親父からの大きな茶封筒が在った。

無事に届いたじゃないの…と思いつつ封を切ったら、
中から封筒に入ったままの手紙が出てきた。

「宛先にたどり着けない」という旨の朱色のスタンプが
白い封筒に色鮮やかに押されてあった。

「戻ってきたその手紙を送りましたので、何が間違っているのか見てください」
とメモが貼り付けてあった。

しばらくその手紙の宛先を見つめている内に、
あたくしはおかしさがこみ上げてきて、たまらず声を出して笑った。

とてもおかしいのに、涙も出て止まらなかった。
あたくしの宛名が旧姓のままだったのだ。

この日、届いたのは新しい姓で宛名も書いてあったが、
戻って来たと言う手紙には旧姓で書いてあった。
親父と母はそこに気が付かなかったようだ

長い間付き合った姓、
愛着があるのはあたくしも同じだったが、
子煩悩な親父らしいと思ったり、
几帳面な母らしくないと思ったり…

手紙にはあたくしが嫁いだ後の、親父の病状の事、
そして田植えや農作業の近況が細やかに書いてあった。

結婚には反対だったが、
あたくしの幸せを願い、最後には祝福してくれた。

旧姓のままのムスメの宛名に
気が付かなかった親父と母に、
あらためて親の気持ちを想い、遠く離れた事に気が付いた。
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

実際に住んだら携帯電話圏外という事例も

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう