現地まで出向いて方角チェック


現地まで出向いて方角チェック
不動産として致命傷なことですが、最近では方位磁石も置いていないところもあります。
一度登録されてしまった情報はあまり修正しませんので方角は自分自身で確かめるようにしましょう。

賃貸物件の方角確認は、不動産屋に入社をしたばかりの新人が実施するケースが多く、実は間違った記録を残してしまうことがよくあるのです。
お店に戻ってから地図で「大体こっちの方を向いていたな」と勝手に決めてしまう事さえあるのでご注意ください。
不動産屋で見せてくれる賃貸情報資料に方角が記載されているかと思いますが、その情報を完全に信じてしまうのは少々危険です。
物件の情報を作成する時に現地を確認しに行った人が間違ってしまっていたり、適当に書いている可能性があるからなのです。 あまりにも貴方の賃貸物件条件を細かく設定し過ぎてしまうと、見つかるものも見つからなくなってしまいます。
確かに条件設定は非常に重要なことですが、妥協出来る条件をある程度決めておくようにしてください。




現地まで出向いて方角チェックブログ:190623

間もなく臨月を迎える嫁のお腹は、
「これでもかっ!!」というくらい
大きく突き出しています。

時にはムニムニと、時にはボコッと動く、
パンパンに張ったお腹を撫で回すのが、
最近の俺の楽しみと癒しとなっています。

お腹を撫で回しながら、
嫁と娘のことについて話をするのもまた、
俺にとっての楽しみであり、癒しなのです。

話すといっても、
「どっちに似てるのか?」とか、
「ここは嫁に似てるといいな」とか…
そんなたわいない話なんですけどね。

そんな話の中で、
この娘の遺伝子は50%が俺、50%が嫁でできている
という話をしていました。

当たり前といえば当たり前の話なんですが、
俺と嫁の遺伝子を併せ持つ存在なんだということに
感心していたのでした。

これまた当たり前なんですが、
俺と嫁は夫婦ですが、赤の他人です。
心のつながりはあっても、遺伝子の交わりというのはありません。

その、俺や嫁ではどう頑張っても持てないものを、
この娘は持っているんだということに感心しました。

そこから話が広がりまして、
俺の遺伝子を50%引き継いでいるということは、
俺の親父とママの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいるということになります。

それと同じように、
嫁の親父とママの遺伝子を
25%ずつ引き継いでいます。

それぞれの父母の親父とママの遺伝子も引き継いでいて、
俺と嫁それぞれの兄弟姉妹とも血がつながっていて…
と辿っていくと、そこには本当に多くのつながりがあります。

この娘は、それら全てのつながりを受け継いだ
「つながりの結晶」なんだということに改めて気づき、
それだけで感動と畏敬の念を抱いたのであります。



現地まで出向いて方角チェック

現地まで出向いて方角チェック

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう