恥ずかしがらずに自分の条件を伝える


恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
貴方が不動産屋の担当者に希望の条件を伝えることで、その条件に近い物件を探してくれることでしょう。
恥ずかしがって条件を広めてしまうと的確な物件探しをしてもらうことが出来ないのです。

「面倒くさいから適当に条件を決めておいて不動産屋に相談をすればいいや」と考えている人が実際に多くいらっしゃいます。
しかし条件の伝え方によってその後の物件選びに大きく影響が出てくることを覚えておいてください。
多くの不動産屋では、利用者と担当スタッフマンツーマンで相談をしながら物件を探していきます。
この時に条件を伝えることになりますが、この最初に話す条件の伝え方が最も重要なことになるのでご注意ください。 どんなに良い賃貸物件が見つかったとしても、周囲の環境が悪いようでは意味がありません。
治安の確認は現地調査で夜に出向いて、駅やバス停などから実際に歩いて確認をするようにしてください。




恥ずかしがらずに自分の条件を伝えるブログ:181012

減量を頑張ろう!
こう思っても、その減量が自分に合ったものでなかったら、
きっと続かないし、続かなければ成功もしませんよね。

例えば、
野菜が苦手な人が
早く痩せたいからとキャベツ減量をやることにした…
続ける事ができそうだと思いますか?

むしろ、始める前から
気持ちが憂鬱になってしまうんではないでしょうか。

前向きに、気持ちを高めつつ、
楽しめなければ、なかなか成功は難しい減量。

減量には、
人それぞれに合った減量というものが必ずあります。

私も様々な減量を試してきましたが、
「食べながらの減量」
これがいちばん合っている減量でした。

いくら張り切って減量をしていても、
合わない減量であれば、成功率も低くなりますよね。

どれが自分に合っているのか?
これは実際にやってみない事にはわからないかもしれません。

しかし、
たくさんの減量を、一つ一つ試していてもきりがありません。

これは
おいらが実際に試してみた中で感じた事なのですが、
手当たり次第、とりあえず実行してみるのではなく、
まず、いくつか減量をピックアップしてみる…

次に、やるにあたり、何処が難しそうか、または続けられそうか…
これだけをまず書き出して見てください。

短所がたくさん書き出された減量は、
恐らくそのうち挫折したり、飽きてしまうはずです。

この方法で、最後まで残った減量は、
自分にとってあまりマイナス点がなかった減量だと思います。

この、自分にとってマイナス点が少ない減量を見つける。
これが続ける為に大事な事の一つだと、おいらは考えています。

恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう