恥ずかしがらずに自分の条件を伝える


恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
貴方が不動産屋の担当者に希望の条件を伝えることで、その条件に近い物件を探してくれることでしょう。
恥ずかしがって条件を広めてしまうと的確な物件探しをしてもらうことが出来ないのです。

「面倒くさいから適当に条件を決めておいて不動産屋に相談をすればいいや」と考えている人が実際に多くいらっしゃいます。
しかし条件の伝え方によってその後の物件選びに大きく影響が出てくることを覚えておいてください。
多くの不動産屋では、利用者と担当スタッフマンツーマンで相談をしながら物件を探していきます。
この時に条件を伝えることになりますが、この最初に話す条件の伝え方が最も重要なことになるのでご注意ください。 どんなに良い賃貸物件が見つかったとしても、周囲の環境が悪いようでは意味がありません。
治安の確認は現地調査で夜に出向いて、駅やバス停などから実際に歩いて確認をするようにしてください。




恥ずかしがらずに自分の条件を伝えるブログ:190304

自分でおやつを買わなくても、
もらったりする機会ってありますよね?

引き出物やおみやげ、お中元、お歳暮などなど…

わたしもつい前、
仲間からおやつの詰め合わせを
もらう機会がありました。

美味しそうなおやつ、
テーブルの上なんかにおいておくと、
ひたすら食べ続けたりしちゃったり…

減量中にはこうした行動は命取り…

でも大丈夫!
そんなついついなんとなくの
食べすぎを防止する方法があるんですよ!

ずばり冷凍庫で保管しちゃえば良いんです!
食べる時は解凍して少しづつ食べるようにしましょう。

保存するおやつにもよりますが
密閉容器に入れて冷凍すれば
生菓子でも約一ヶ月ぐらいは保管できますよ。

この方法なら、一気にまとめ食いも防げますし、
解凍するのが面倒なんで、
食べたい欲求にも歯止めがかかりやすいです。

こんな簡単な事で
おやつの誘惑から逃げられるなんてやるしかないですね。

解凍する手間を考えたら
もしかすると食べなくてもいいかな?
…なんて思って
ブレーキがかかるかも知れませんしね!

ちなみに
解凍する際は
洋菓子なら自然解凍、
まんじゅうなどは電子レンジで行うのが一般的。

基本的には
たいていのものは冷凍できますが、
生のくだものを使ったものや
水ようかん系は冷凍には不向きです。

判りやすく言えば、野菜にも言えますが
水分が多いものが不向きという事です。

まぁ、くだものだけだったら
冷凍したまま食べても美味しいですけど…

冷凍しづらいものを貰ったらささっと食べて、
あしたからまた減量に励みましょう!

思わぬ貰い物のおやつにはこうした冷凍法を活用して、
誘惑に負けず減量を継続していきましょう!


恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう