賃貸契約は一般的に二年間で更新

不動産屋に更新料の手続きをしてもらいますと、家賃の半分を大家さんは代行料として支払っています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

 

日本の法律によって二年毎の契約料の支払いが決められていると勘違いしている人がいますが、決して法で決まっているものではありません。
更新料は不動産屋に支払うというものではなく、大家さんに全額支払われるものとなります。
多くの場合、賃貸契約をする時には、最低二年間の契約期間で更新をしていくこととなります。
2年後に継続して住む場合には、家賃の1ヶ月分程度の更新料を払う必要があります。 まず最初に不動産屋に行ったら、自分の妥協することは出来ない最低限の条件を伝えましょう。
その後、ある程度の条件を元にして不動産屋の担当者と一緒にじっくりと探していくようにしてください。



賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:190609

昨日は、布団に入って2秒でねました。


体脂肪を落としたいと思って
必死にダイエットをしている方は、
「絶対に間食はしない!」
と心に誓っているかもしれませんが…

ダイエットと間食って、実は相性がいいんですよ!

体脂肪を減らそうとあまりにも必死になると、
ストレスが蓄積してしまいます。
このストレスこそが、
体脂肪を減らすダイエットにとっては天敵なのです。

それに、
体脂肪を燃焼させるためには、糖分が必要なんですよね。

糖分というのは、摂取されてから一番最初に燃焼され、
それをきっかけとして、その他のたんぱく質や脂肪が燃焼し始めます。

なので、
少し工夫するだけで、間食を我慢しなくても
体脂肪を減らすダイエットはできるんですよ!

間食を食べるなら、
「洋菓子よりも和菓子の方がベター」
という話をよく耳にすると思います。

チーズケーキなどの洋菓子は
バターやクリームなどを原料にしているので、
高カロリーになってしまいますが、
団子などの和菓子であれば、一つ食べてしまっても
100キロカロリー前後なのでちょっと安心ですよね。

どうしてもチーズケーキが食べたいのなら、
1つ全部食べきるのではなく半分で終わらせる、
低カロリーのゼリーなどを食べる…などもいいでしょう。

それに、間食をする場合には、
食事を食べてから3時間後〜6時間以内に摂りましょう。
食後3時間くらいは
脂肪を分解しようとする力が働き始める時間で、
糖分をからだの中にためやすくなっているからです。

さらに、お腹が減っている時の間食は
脂肪が吸収されやすく、太ってしまいます。

一回の間食をなるべく100キロカロリー以内に抑えて、
食べる時間のルールを守れば、
間食をしてもダイエットの邪魔にはならないんです!

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。