賃貸契約は一般的に二年間で更新

不動産屋に更新料の手続きをしてもらいますと、家賃の半分を大家さんは代行料として支払っています。
このように賃貸更新料は不動産屋の定期的な収入として計算されたものとなるのです。

 

日本の法律によって二年毎の契約料の支払いが決められていると勘違いしている人がいますが、決して法で決まっているものではありません。
更新料は不動産屋に支払うというものではなく、大家さんに全額支払われるものとなります。
多くの場合、賃貸契約をする時には、最低二年間の契約期間で更新をしていくこととなります。
2年後に継続して住む場合には、家賃の1ヶ月分程度の更新料を払う必要があります。 まず最初に不動産屋に行ったら、自分の妥協することは出来ない最低限の条件を伝えましょう。
その後、ある程度の条件を元にして不動産屋の担当者と一緒にじっくりと探していくようにしてください。



賃貸契約は一般的に二年間で更新ブログ:171117

テレビ(白黒テレビ)って、
昭和34年の皇太子明仁親王(今上天皇)と美智子様のご成婚を機に
普及し始めたそうですね。

オレがお子さんの頃、
テレビのある家はそれほど多くありませんでした。

当時は、街頭テレビというのがあり
多くの人がそれを見ていたようですが、
オレは見た記憶がありません。

オレの家は決して裕福なほうではありませんでしたが、
そういう時代の流れに乗るのが好きな母親のおかげか、
それともプロレス好きの父親のおかげなのかよく分かりませんが、
テレビを早々と買ったのでした。

当然ながら、近所の内では早い方でした。
テレビが家に無い人は、近所の家で見せてもらうというのが
当時は当たり前のことでしたので、
近所のお子さんたちが、
よくオレの家へテレビを見に来ていたのを覚えています。

その当時どんな番組を見ていたのかほとんど覚えていませんが、
たぶん父親はプロレスを見ていたと思います。
母親は…
「今日の料理」でも見ていたのではないでしょうか。

オレが覚えているのは、1つの番組の1つのシーンだけです。
それは、実写版の「鉄腕アトム」で、
鉄腕アトムが故障し、ウエストのあたりを開いて修理しているところです。

修理シーンに興味を持ったのか、
強い鉄腕アトムが故障したのに驚いたのか、
いずれにせよお子さん心にかなり強烈な印象を与えたのだと思います。

白黒テレビは、真空管式でした。
テレビには放熱しやすいように穴がいくつか開けてありましたので、
そこから中をのぞくことができました。

のぞいて赤くともっている真空管を見るのが、
オレはなんとなく好きでした。

真空管が赤くともっていないと、テレビは故障でした。
父親が真空管を買ってきて、自分で取り替えて修理していました。